image

外眼部手術・ボトックス治療SURGERY and BOTOX INJECTIONS

外眼部手術とは

当院では「めばちこ」、「翼状片」、「眼瞼下垂」などの外来小手術を日帰りにて行っております。
原則、予約制となっておりますので、ご希望の方はまず診察を受けてください。

外眼部手術の当日は眼帯をしていただきます。翌日の診察で眼帯をはずします。
診察後、学校や仕事に行っていただけます。翌日から入浴、洗顔、洗髪はできます。皮膚の縫合を行った場合は1週間後に抜糸します。

めばちこ(ものもらい)

「めばちこ(ものもらい)」には医学的に麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)との2種類があります。
麦粒腫とは、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことです。
霰粒腫とは、まぶたにある脂を出す腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。

image

主な症状
  • 腫れ
  • 異物感
  • 痛み
  • 赤み
  • 瞼にしこりが残る(霰粒腫)
主な治療法
  • 点眼治療:抗菌薬点眼 / 消炎剤点眼 / 抗菌消炎剤軟膏塗布
  • 内服治療:抗生剤内服
  • 排膿処置
  • ステロイド注射(霰粒腫)
  • 摘出手術

翼状片

翼状片とは白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭の方から黒目に三角形状に入り込んでくる病気です。
高齢者に多く、病気の発生には紫外線が関係しているといわれています。

image

主な症状
  • 充血
  • 異物感
  • だぶった見え方(黒目まで達すると乱視がでてくる)
検査方法
  • 角膜形状解析(CASIA2)
image
主な治療法
  • 症状がなければ経過観察
  • 点眼治療
  • 翼状片摘出手術

眼瞼下垂

image

眼瞼下垂とは、目を開いたときに上まぶたが角膜(黒目)の上方を遮るぐらい下がっている状態です。
数種類のタイプがありますが、当院では「老人性眼瞼下垂」の手術を保険適応にて行っています。

主な症状
  • まぶたが自然と下がってきて、視野が狭くなる
  • 目が疲れやすい
  • おでこや眉間を引き上げ目を開こうとするため、眉間やおでこにシワができる
考えられる原因
  • 加齢により眼瞼挙筋と眼瞼の支持組織である瞼板や皮膚との間の結合が緩んで起こる(老人性眼瞼下垂)
  • ハードコンタクトレンズの長期間使用
主な治療法
  • 眼瞼下垂症手術・眼瞼皮膚弛緩の切除術 眼瞼下垂の治療は、垂れ下がっている上まぶたを手術治療します。

ボトックス治療
(ボツリヌス治療)とは

ボトックス治療とは片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)や眼瞼痙攣(がんけんけいれん)などの病気に対して行う治療です。
痙攣を抑える作用のあるボツリヌス毒素を注射し、痙攣を軽減させる治療です。

片側顔面痙攣

片側の顔面筋が自分は意図していないのに痙攣し続けてしまう病気です。
顔面神経が血管などにより圧迫されることが原因です。

進行すると症状が頻繁に起こり、目の周囲や口、ほお、あごの筋肉がひきつります。

image

主な症状
  • 片側の目の周り、額、口、顎などがピクピクする
  • 目が開きにくい
主な治療法
  • 脳外科での手術治療
  • ボトックス治療

眼瞼痙攣

まぶたの開閉に関係する眼輪筋が、自分の意志とは関係なく力が入り、まばたきがスムーズにできなくなる病気です。
進行すると手を使って開けなればならなくなる場合もあります。

image

主な症状
  • ※2個以上当てはまる場合:眼瞼痙攣の疑い
  • まぶしさをかんじる
  • 目が乾く
  • 片目をつむってしまう
  • 階段の昇り降りが苦手で外出を控えている
  • まばたきが多い
  • 目を開けていられない(目を瞑っていた方が楽)
  • 手を使って目をあけなければならないことがある
主な治療法
  • 抗不安薬などの薬剤が原因の場合は、薬剤の減量や中止を考える
  • ボトックス治療(自覚症状がひどい場合)
image

ボトックス治療の方法

  • 顔面筋に8~10か所注射をします。
  • 注射にはインスリン注射にも使用する一番細い針を使用するので強い痛みはありません。
  • 当日は激しい運動はできませんが、
    翌日以降は通常通り過ごすことができます。
  • 注射後、2~3日後より効果が表れ 1~2週間程で安定します。
  • 効果は4ヵ月程持続します。
    効果が消失したら再度同じ治療を行います。
ボトックス治療の費用
3割負担の方約12,000円
1割負担の方約4,000円

診療案内

  • 日帰り白内障手術日帰り白内障手術

    日帰り白内障手術をおこなっております。次世代型の最新手術機器、大病院の同等のクリーンシステムを導入し安全に配慮しています。雄一医師の診察日にご来院ください。

  • 小児眼科小児眼科(斜視・弱視)

    弱視、斜視などの小児眼科をおこなっております。小児に特化した検査機器をそろえ、経験豊富な視能訓練士が検査を行います。美和医師の診察日にご来院ください。