image

その他専門外来OTHERS

その他さまざまな目の病気にも、対応しております。

専門性の高い病気にも対応しており、経験のある視能訓練士や専門スタッフが予約にて担当しております。

Banner Banner
円錐角膜、強度遠視・無水晶体眼の特殊レンズ、虹彩付きレンズなど特殊なコンタクレンズの外来を行っております。
コンタクトレンズの専門スタッフが月2回担当しています。
【第1火曜日の午後】【第4金曜日の午後】の予約制になりますのでお問合せください。

円錐角膜

黒目(角膜)の中央部分が薄くなり突出してくる病気です。
10代で発症し徐々に進行し、見えづらい、物がぼやけるなどの症状が出ます。

image

主な症状
  • 初期症状
  • 見えにくい
  • 物がぼやける
  • 歪んで見える
  • 進行すると
  • 眼鏡やコンタクトレンズでの視力の矯正が難しくなる
  • 白っぽく見える
考えられる原因

はっきりとした原因が不明ですが、アトピー性皮膚炎・ダウン症候群などの全身疾患に合併することが多いといわれています。

検査・診断

角膜形解析検査

角膜形解析検査

角膜の球面性を色分けにて解析し、角膜の形状が緩やかなところを「寒色」に、角膜の形状が急なところを暖色で表示します。
円錐角膜では「上下の非対称性」と、「下方の角膜形状の突出」の有無を確認します。

軽度 中等度 重度

細隙灯顕微鏡検査

軽度 中等度 重度

主な治療法

ハードコンタクレンズで矯正することが、見やすさの改善だけでなく、進行予防にもなります。
● 軽度の方には「非球面ハードコンタクトレンズ」を装用します。
● 中等度以降の方には「円錐角膜の特殊ハードコンタクトレンズ」を装用します。
● 角膜混濁をともなう重度の方は角膜移植を行える病院へ紹介します。

Banner Banner

ロービジョンケアとは

網膜色素変性、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、緑内障などの病気が原因で、視力が低下したり、視野が狭くります。
日常生活や仕事、学校において困難を感じられる人に対してロービジョンケアを行っております。ロービジョンケアとは、視力低下や視野狭窄、その他の視機能低下により生活に困難をきたしている方を対象に「今ある目の機能を最大限に利用し、効率よく、楽しく生活していただくための治療」です。


「本を読みたい・・」「散歩に行きたい」などのご希望がありましたらご相談ください。
生活面での不安、今後の将来に対する不安も、お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

ロービジョンケアの流れ

1

視力検査、視野検査を行い、現在の視機能を正確に評価します。

2

該当する方には、身体障害認定の手続きを進めます。

3

遮光眼鏡の選定、眼球運動訓練、iPadを使用した訓練、視覚補助具(ルーペなど)の選定を行います。

4

さらに、白杖訓練、歩行訓練、料理、掃除、音声パソコンなどの訓練が必要な方、ご希望の方には、対応可能な福祉施設などの情報提供、紹介を行っております。

※ 美和医師の診察を受けていただき、症状に応じて後日視能訓練士の予約になります。

身体障害者手帳(視覚障害)

当院では視覚障害の認定手続きに必要な検査を行っています。
眼の機能は、視力、視野、色覚などがありますが、身体障害者福祉法に規定されている視覚障害は、「矯正視力」と「視野」の程度により区分されます。矯正視力とは、近視や乱視などの矯正眼鏡をしたときの視力です。
視野は、視線をまっすぐにして動かさない状態で見えている範囲をいいます。

ロービジョンエイド(補助具)

● 遮光眼鏡
image 遮光眼鏡はまぶしさの要因となる短波長光を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズです。まぶしさにより白く靄(もや)がかっているように見える状態を、短波長を取り除くことでくっきりさせ、コントラストを強調させます。サングラスのように視界が暗くなり見えにくくなることはありません。身体障害手帳の「視覚障害」をお持ちの方は補助金の申請が可能です。
「まぶしくて見えにくい」とお困りの患者様はご相談ください。
● 拡大鏡(ルーペ)
物体を拡大して見ることができるレンズ(虫眼鏡)です。ルーペには低倍率、高倍率のものがあり見え方が異なります。LEDライト付のものや、置き型のものなどがあります。
● iPad(アプリ)
image 最新のロービジョンケアとして、iPadが利用されています。
視覚障害者向けのアプリがあり、拡大鏡機能・白黒反転機能・読み上げ機能など1台で日常生活に役立つ機能を紹介しています。
Banner Banner

色覚(色の感覚)とは

目の奥の網膜には色を感知する錐体細胞があります。
錐体細胞には赤色を感知する赤錐体、緑を感知する緑錐体、青色を感知する青錐体の3種類があります。
3つの錐体細胞が正常に働くことで、私達は様々な色を認識しています。

COLOR

先天性色覚異常(赤緑異常について)

先天性色覚異常とは、生まれつき錐体の異常があり色の認識が正常とは異なっている状態を言います。青錐体の異常は非常に珍しく、先天性色覚異常とは赤錐体の異常、緑錐体の異常の赤緑異常をさします。

色覚異常にはタイプや程度の違いがあります。天気が悪い日や暗い部屋など、条件が悪い所では色の区別が難しくなるため、生活での工夫も必要となることがあります。

色覚検査で色の感じ方(色覚)を確認することで、見分けにくい苦手な色の組み合わせなどを理解することにつながります。
右図のような色の組み合わせが見分けにくいと言われています。

先天性色覚異常は、日本人の男性の約5%(20人に1人)、女性の約0.2%(500人に1人)と言われています。

COLOR

色覚検査の方法と流れ

1

まずは仮性同色表を用いて色覚以上のスクリーニング、型分類を行います。

COLOR

標準色覚検査表・石原色覚検査表

色の異なる背景にかかれある数字や曲線がどのように見えるかを答えてもらいます。色覚異常の型によってどのように見えにくいかを判断します。

2

前項で異常が出た場合は、色相配列検査で程度分類(強度の異常かどうか)を行います。

COLOR

色相配列検査(パネルD15)

15個の色票を、固定色票を基準として似ている順に色並べしてもらいます。

3

前項の検査で異常が見つかった場合は、色覚異常と診断されますが、わずかながら偽陰性、偽陽性も存在するため、確定診断はアノマロスコープという特殊な機械で行います。

COLOR

アノマロスコープ

赤緑色覚異常の型分類を確定診断するための器械です。
半円の上下の色を近い色になるように色合わせする検査です。

いずれの検査もある程度の理解力、集中力を要するため、低年齢で検査しても信頼性の高い結果を得ることはできません。
正確な検査結果を得るには仮性同色表、色相配列検査では小学校低学年以降、アノマロスコープでは進路や職業を考え始める中学生以降が目安です。またお子さまの場合その日の体調や気分により典型的な結果が得られない場合もあり、日を変えて何度か検査をする場合もあります。

診療案内

  • 日帰り白内障手術日帰り白内障手術

    日帰り白内障手術をおこなっております。次世代型の最新手術機器、大病院の同等のクリーンシステムを導入し安全に配慮しています。雄一医師の診察日にご来院ください。

  • 小児眼科小児眼科(斜視・弱視)

    弱視、斜視などの小児眼科をおこなっております。小児に特化した検査機器をそろえ、経験豊富な視能訓練士が検査を行います。美和医師の診察日にご来院ください。