image

日帰り白内障手術CATARACT SURGERY

白内障とは

白内障とは加齢により、目の中の水晶体が濁り目の中に光が十分届かなくなり、視力が低下する病気です。進行した白内障には手術が必要です。

image mt20

image

※日帰り白内障手術お考えの方は、雄一医師の診察日にご来院ください。

技術の進歩により、入院をしなくても安全に白内障手術が受けられるようになりました。
白内障になった場合の治療方法は、軽度であれば目薬での進行抑制を行います。白内障が進行し、日常生活に支障をきたした場合は、日帰りの白内障手術を提案しております。目の状態などで多少の個人差はありますが、手術時間は15分程度で終わる手術です。

白内障手術について

白内障手術では、白く濁ってしまった水晶体の代わりに、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。眼内レンズは目の中に入れるコンタクトレンズのような役割をしており、患者さまのニーズに合わせた度数や種類を相談の上決定させていただきます。
乱視矯正用眼内レンズや多焦点眼内レンズ(自費診療)も取り扱っております。

image

  • image

    局所麻酔を行い、角膜に数ミリの切れ目を入れます。

  • image

    超音波を使って、濁った水晶体を砕き吸い取ります。

  • image

    水晶体の代わりに眼内レンズを挿入します。

image

CENTURION®VISION SYSTEM
(白内障手術装置)

当院では最新の白内障手術装置を導入しております。
従来の手術装置に比べて、手術中の眼内圧をより低く、安定してコントロールできるようになり、安全確保が容易で、短時間での白内障手術が可能になります。

image

日帰り白内障手術の流れ

初 診

視力、眼圧、眼底検査などの基本的な検査を行い、手術が必要がどうかを調べます。手術に同意いただいた場合は、手術の日程を決定します。(申込みより約1~2ヶ月先になります)

検 査

角膜の形状や眼球の長さなどを測定し、手術に備えての詳しい検査を行います。

術前診察

手術の詳細な説明と、患者さまに合う眼内レンズや術式を決定します。

手 術

2、3時間の滞在となります。
手術時間は15分程度です。

術後検診

手術翌日、2~3日後、1週間後、3週間後、1ヶ月後、2ヶ月後に定期検診を行います。

光干渉式眼軸長測定装置

光干渉式眼軸長測定装置

従来の超音波A-mode法による眼軸長測定は、接触式のために点眼麻酔が必要であり、測定値のばらつき、眼球圧迫による測定誤差などの問題点がありました。
光学式眼軸長測定装置では、非接触型のため、これらの問題点が改善され、高精度に眼軸長や角膜曲率半径、前房深度の測定がより早く、より正確に行えるようになりました。また、眼内レンズ選択に必要な様々な情報の解析を行います。


CASIA2

CASIA2(前眼部OCT)

CASIA2は角膜全面~水晶体後面までの前眼部形状が3次元で解析できる機器です。角膜の形状をより詳細に検査することができ、IOL度数計算の誤差を少なくすることができます。トーリックレンズや多焦点眼内レンズの選択にも有用です。

日帰り白内障手術の費用

単焦点眼内レンズ、乱視矯正用眼内レンズを用いた白内障手術は【保険対象】になります。

  患者様の自己負担金額 (片眼)
1割負担 1万6千円程度
2割負担 3万2千円程度
3割負担 4万8千円程度
  • ※個人で医療保険や生命保険に加入されている方は、保険給付の対象となりますのでご確認ください。
  • ※1ヶ月の自己負担額がご自身の保険の限度額を上回った場合は、申請することで限度額を超える分のお支払いが免除されます。(高額療養費システム)

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は保険対象外【自費診療】になります。

  手術費用
片眼 38万円
両眼 76万円

当院は、厚生労働省において
先進医療認定施設」に認定されております。

  • ※当院は先進医療施設に認定されております。『先進医療にかかる費用(手術当日の費用)』は全額自費負担となりますが、手術当日日以外の診察・検査・薬代等の費用は、保険診療が可能となります。
  • ※個人で医療保険や生命保険の「先進医療特約」に加入されている方は、保険給付の対象となりますのでご確認ください。

多焦点眼内レンズについて

近年、より質の高い見え方を求めて眼内レンズの改良も進んできました。
なかでも、老視治療として注目されているのが、白内障手術に多焦点(遠近両用)眼内レンズを用いる方法です。この眼内レンズは遠くと近くの両方にピントが合うように設計されています。

一般的な老眼の見え方

遠くは見えるが、近くが見えない

imageimage

多焦点眼内レンズで治療した時の見え方

遠方も手元とよく見える

imageimage

※眼の状態により、適用にならない方もおられます。ご興味のある方は、医師までご相談ください。

よくあるご質問

Q
白内障手術を受けたいのですが
どうしたら良いですか?
A
まずは一度医師の診察を受けてください。診察後に手術の申し込みにて日程を決定します。手術をするにあたり、必要なお体の検査、目の検査があり、手術までに2~3回検査に来ていただきます。
手術日は申し込んでから1~2ヶ月先になります。
(検査から診察、申し込みまでは90分程度時間を要します。時間に余裕を持って来院ください。)
Q
入院で白内障手術を受けられますか?
A
当院では日帰り白内障手術のみ対応しております。
入院での手術をご希望の方は連携病院に紹介させていただきます。
Q
白内障手術には保険はききますか?
費用はどのくらいかかりますか?
A
通常の白内障手術は保険がききます。
1割負担の方で、白内障手術時に15,000円の費用がかかります。3割負担の方で、手術時に45,000円前後の金額となります。
また1ヶ月分の自身の保険の限度額を超える治療費が免除される高額療養費システムもございます。
多焦点眼内レンズ(遠近両用)を使用した白内障手術は保険を使用できず、自由診療となります。
Q
高齢なのですが、日帰り手術は大丈夫でしょうか?
A
白内障手術は、手術時間も短く体力的な消耗も非常に少ないため、手術終了後20分程度の休憩でお帰りいただくことが出来ます。
また、高齢者の場合、入院の環境変化が大きな精神的負担になることもあり、手術が終わってご自宅に帰れることは非常に大きな安心につながります。
Q
白内障手術当日に付き添いは必要でしょうか?
A
手術した目は眼帯になり、見えにくくなります。
また予想外に緊張される場合もございますので、ご帰宅の際にはできるだけ付添いの方をお願いしております。付き添いの方が難しい場合はタクシーで帰宅していただいております。
Q
手術の際に痛みはありますか?
A
十分な麻酔をしますのでほとんど痛みはありません。
Q
白内障手術後、どのくらい見えるようになりますか?
A
角膜や網膜などの眼球の他の場所に病気がなければ、ほとんどの方が視力(1.0)まで回復します。
Q
術後どのくらいの期間で見えるようになりますか?
A
ほとんどの方は、翌日から見えるようになります。白内障の程度が強く、手術に時間のかかる患者さんの場合は、手術後の炎症により一時的に角膜にしわが寄る場合があります。その場合は、ハッキリ見えるまでに数日~1週間程度かかる場合もあります。
Q
手術はどのくらいかかりますか?
A
手術時間は15分程度です。
手術前の準備や、術後の休憩を含め2~3時間でご帰宅いただけます。
Q
眼内レンズは生涯そのまま使用できますか?
A
眼内レンズに使用される素材は劣化することなく、生涯使用することができます。
Q
仕事や家事はいつからできますか?
A
簡単な家事や事務仕事でしたら2~3日後から可能です。重労働や激しい運動は2週間程度控えていただいております。
Q
洗顔、洗髪、入浴はいつからできますか?
A
水や汗が目に入ると術後の感染症の原因になります。ご自身での洗髪、洗顔は5日後からしていただけます。入浴は目に水が入らないよう注意していただければ翌日から可能です。
Q
術後、メガネは必要ですか?
A
1つは必要です。遠くを見える眼内レンズを移植した場合には近用眼鏡(老眼)が、近くを見える眼内レンズを移植した場合には遠用眼鏡が必要になります。多焦点眼内レンズ(遠近両用)を移植した場合は眼鏡の依存度を減らせませす。(自由診療)

診療案内

  • 日帰り白内障手術日帰り白内障手術

    日帰り白内障手術をおこなっております。次世代型の最新手術機器、大病院の同等のクリーンシステムを導入し安全に配慮しています。雄一医師の診察日にご来院ください。

  • 小児眼科小児眼科(斜視・弱視)

    弱視、斜視などの小児眼科をおこなっております。小児に特化した検査機器をそろえ、経験豊富な視能訓練士が検査を行います。美和医師の診察日にご来院ください。