image

自費診療OWN EXPENSE MEDICAL CARE

目の健康を保つための、最新の医療を提供しています。

当院では自費診療(保険外診療)も取り扱っております。
白内障手術の多焦点眼内レンズ、近視抑制治療をお考えの方は、下記をご参照ください。

多焦点眼内レンズについて

近年、より質の高い見え方を求めて眼内レンズの改良も進んできました。
なかでも、労使治療として注文されているのが、白内障手術に多焦点(遠近両用)眼内レンズを用いる方法です。この眼内レンズは遠くと近くの両方にピントが合うように設計されています。

一般的な老眼の見え方

遠くは見えるが、近くが見えない

imageimage

多焦点眼内レンズで治療した時の見え方

遠方も手元とよく見える

imageimage

※眼の状態により、適用にならない方もおられます。ご興味のある方は、医師までご相談ください。

日帰り白内障手術の費用

単焦点眼内レンズ、乱視矯正用眼内レンズを用いた白内障手術は【保険対象】になります。

  患者様の自己負担金額 (片眼)
1割負担 1万6千円程度
2割負担 3万2千円程度
3割負担 4万8千円程度
  • ※個人で医療保険や生命保険に加入されている方は、保険給付の対象となりますのでご確認ください。
  • ※1ヶ月の自己負担額がご自身の保険の限度額を上回った場合は、申請することで限度額を超える分のお支払いが免除されます。(高額療養費システム)

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は保険対象外【自費診療】になります。

  手術費用
片眼 38万円
両眼 76万円

当院は、厚生労働省において
先進医療認定施設」に認定されております。

  • ※当院は先進医療施設に認定されております。『先進医療にかかる費用(手術当日の費用)』は全額自費負担となりますが、手術当日日以外の診察・検査・薬代等の費用は、保険診療が可能となります。
  • ※個人で医療保険や生命保険の「先進医療特約」に加入されている方は、保険給付の対象となりますのでご確認ください。
小児の近視進行抑制治療
マイオピン(低濃度アトロピン)点眼治療
EYE

当院では、0.01%アトロピン点眼薬(マイオピン)による近視進行を抑える治療を行っております。
マイオピン点眼は、学童期の近視の進行を抑制させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、シンガポール国立眼科センターで開発され、効果が実証されています。
現在日本でも大学病院などで検証が行われています。

マイオピンというお薬を1日1回点眼することにより近視の進行を抑制することができます。

対象となるお子さま
  • 6才以上12才以下のお子さま
  • 中等度以下(-6.0D)以下の近視のお子さま

マイオピンの特徴

EYE
  • 就寝時に1日1回点眼するだけの簡単な治療法です
  • 重篤な副作用の報告はありません(2018年1月現在)
  • 近視の進行を平均60%抑制することができます
EYE
最低2年は継続使用することが推奨されています。

処方の流れと費用

※自由診療となるため保険は適用できません。
また、同日に保険診療を行うことはできません。
※日本国内では未承認の薬となります。

1

お子さまの視力や目の状態などを検査・診察します。

2

マイオピンを処方します。

点眼薬
3,500円(1本)
3

1週間後に検診を受けていただきます。
(検査費は無料)

4

1ヶ月後に検診を受けていただきます。
(検査費は無料)

点眼薬
10,500円(3本)
5

3ヶ月毎に検診を受けていただきます。
(検査費は無料)

点眼薬
10,500円(3本)

近視のよくあるご質問

Q
近視は治りますか?
A
学童期に見られる近視は、眼軸が伸びることが原因です。伸びてしまった眼軸を短くすることは不可能で近視は治りません。ただし仮性近視と呼ばれる治療可能な近視のこともあります。眼の中のピントをあわせる筋肉が過度に緊張することで生じる近視で、眼軸は長くありません。この場合、筋肉をほぐす目薬で近視が改善されます。しかし仮性近視で来院される子供さんは少なく、ほとんどが改善されないのが現状です。
Q
近視の進行を抑える方法はありますか?
A
点眼治療、多焦点眼鏡(遠近両用眼鏡)、就寝時コンタクトレンズ装用(オルソケラトロジー)、遠近両用コンタクトレンズ装用など、色々な方法が研究されており、有効と認められている治療もあります。当院では自費診療にて「オルソケラトロジー治療」「低濃度アトロピン点眼治療」を実施しております。
Q
視力回復センターや近視訓練は有効ですか?
A
視力回復センターで行われている訓練が近視改善に有効であったという統計学的報告はありません。時間とお金に見合う効果が得られないのが現状です。
Q
眼鏡はいつからかけるのですか?
A
日常生活に支障をきたした時が眼鏡を掛け始めるタイミングです。具体的には「前方の席でも黒板の字が見えにくくなってきている」「テレビを見るとき目を細める」などです。同じ視力でも、小学1年生と中学1年生ではかけるタイミングは違います。それぞれのお子さんの環境を考慮する必要があります。
Q
眼鏡はずっとかけないとだめですか?
A
軽度の近視の場合は、必要な時だけ装用すればよいです。具体的には、黒板の字を見るとき、テレビを見るとき、映画を見に行く時などです。近視がある程度進行してきたら常時装用していた方が良いでしょう。
Q
眼鏡をかけたりはずしたりすると近視は進みますか?
A
眼鏡のかけはずしで近視がすすむという報告はありません。近視のお子さんはもともと近くにピントがあっています。軽度の近視の場合は授業中だけ、テレビを見る時だけ装用するというのでかまいません。
Q
眼鏡を掛け始めたら近視がすすむと聞いたのですが本当ですか?
A
眼鏡が原因で近視がすすむということはありません。個人差はありますが近視の進行は20代中頃まで続くと言われており、眼鏡を装用しなくても近視は進行していきます。
Q
乱視って何ですか?
A
眼の表面の角膜や内部の水晶体が均一な球面状でないことが原因で起こります。方向によって見えやすい方向、見えにくい方 向があります。軽度の乱視は治療の必要はありませんが、中等度以上の乱視は日常生活に支障をきたすので眼鏡やコンタクトが必要です。

小児の近視進行抑制治療
オルソケラトロジー(ハードコンタクト就寝時装用)

オルソケラトロジーとは、寝ている間に特殊な形状をしたハードコンタクトレンズを装用することで角膜の形状を平坦化して、近視や乱視を矯正する方法です。朝起きてレンズを外した後も一定時間角膜の形が保持され、昼間コンタクトレンズやメガネを装用せずに裸眼で生活することが可能です。

※ オルソケラトロジー治療開始直後には、矯正効果は弱く短時間しか良好な裸眼視力は持続しませんが、毎日装用を続けることで、1〜2ヵ月後には良好な裸眼視力が得られます。

EYE
対象となるお子さま
  • 6才以上12才以下のお子さま
  • 軽度~中等度(-4.0D)以下の近視のお子さま
  • ご両親が強度近視のお子さま※ご両親が強度近視の場合、遺伝的に将来強度近視いなるリスクが高くなります

オルソケラトロジーの特徴

  • 就寝時に特殊なハードコンタクトレンズを装用する治療方法です。
  • 近視進行抑制効果だけではなく近視矯正効果もあるため、日中に眼鏡やコンタクレンズなしで生活できるメリットがあります。
  • 手術ではないのでしばらく使用を中止すれば元の状態に戻すことができます。
  • 近視の進行を平均30%抑制することができると報告されています。
EYE

近視抑制のしくみ

近視の目に対して「眼鏡」で矯正を行うと…

眼鏡のレンズの外側から入ってくる光は網膜より遠くにピントが合うため、この刺激によって眼軸長が伸び、近視が進みやすくなるといわれています。

近視の目に対して「オルソケラトロジー」で矯正を行うと…

周辺部の光は網膜より少し手前にピントが合うため、眼鏡と違い眼軸長を伸ばす刺激がなく、近視の進行が予防されるということが報告されています。(レンズを外しても同等の矯正効果が得られます)

EYE

処方の流れと費用

※自由診療となるため保険は適用できません。また、同日に保険診療を行うことはできません。

1

お子さまの視力や目の状態などを検査・診察します。適応があるかも同時に調べます。

2

トライアルレンズの度数を合わせます。

要予約
検査費用
3,000円
3

トライアルレンズの装着練習を行い、
レンズを貸出します。
実際にご自宅で就寝時にレンズを装用していただきます。

要予約
トライアルレンズ保証金
2枚30,000円
検査・貸出費用
5,000円

※トライアルレンズ返却時に返金いたします

4

1週間後に検診を受けていただきます。
見え方を確認し、購入レンズを注文します。

要予約
検査費用
無料
片眼
60,000円
両眼
120,000円

※レンズ代金、初回のケア用品代、1年間の検診代を含みます

5

購入レンズをお渡しします。

6

レンズ購入後は1か月後、3ヶ月毎に検診を受けていただきます。

要予約

近視のよくあるご質問

Q
近視は治りますか?
A
学童期に見られる近視は、眼軸が伸びることが原因です。伸びてしまった眼軸を短くすることは不可能で近視は治りません。ただし仮性近視と呼ばれる治療可能な近視のこともあります。眼の中のピントをあわせる筋肉が過度に緊張することで生じる近視で、眼軸は長くありません。この場合、筋肉をほぐす目薬で近視が改善されます。しかし仮性近視で来院される子供さんは少なく、ほとんどが改善されないのが現状です。
Q
近視の進行を抑える方法はありますか?
A
点眼治療、多焦点眼鏡(遠近両用眼鏡)、就寝時コンタクトレンズ装用(オルソケラトロジー)、遠近両用コンタクトレンズ装用など、色々な方法が研究されており、有効と認められている治療もあります。当院では自費診療にて「オルソケラトロジー治療」「低濃度アトロピン点眼治療」を実施しております。
Q
視力回復センターや近視訓練は有効ですか?
A
視力回復センターで行われている訓練が近視改善に有効であったという統計学的報告はありません。時間とお金に見合う効果が得られないのが現状です。
Q
眼鏡はいつからかけるのですか?
A
日常生活に支障をきたした時が眼鏡を掛け始めるタイミングです。具体的には「前方の席でも黒板の字が見えにくくなってきている」「テレビを見るとき目を細める」などです。同じ視力でも、小学1年生と中学1年生ではかけるタイミングは違います。それぞれのお子さんの環境を考慮する必要があります。
Q
眼鏡はずっとかけないとだめですか?
A
軽度の近視の場合は、必要な時だけ装用すればよいです。具体的には、黒板の字を見るとき、テレビを見るとき、映画を見に行く時などです。近視がある程度進行してきたら常時装用していた方が良いでしょう。
Q
眼鏡をかけたりはずしたりすると近視は進みますか?
A
眼鏡のかけはずしで近視がすすむという報告はありません。近視のお子さんはもともと近くにピントがあっています。軽度の近視の場合は授業中だけ、テレビを見る時だけ装用するというのでかまいません。
Q
眼鏡を掛け始めたら近視がすすむと聞いたのですが本当ですか?
A
眼鏡が原因で近視がすすむということはありません。個人差はありますが近視の進行は20代中頃まで続くと言われており、眼鏡を装用しなくても近視は進行していきます。
Q
乱視って何ですか?
A
眼の表面の角膜や内部の水晶体が均一な球面状でないことが原因で起こります。方向によって見えやすい方向、見えにくい方 向があります。軽度の乱視は治療の必要はありませんが、中等度以上の乱視は日常生活に支障をきたすので眼鏡やコンタクトが必要です。

診療案内

  • 日帰り白内障手術日帰り白内障手術

    日帰り白内障手術をおこなっております。次世代型の最新手術機器、大病院の同等のクリーンシステムを導入し安全に配慮しています。雄一医師の診察日にご来院ください。

  • 小児眼科小児眼科(斜視・弱視)

    弱視、斜視などの小児眼科をおこなっております。小児に特化した検査機器をそろえ、経験豊富な視能訓練士が検査を行います。美和医師の診察日にご来院ください。